ニコンのデジタル一眼レフとNikon 1 のカメラ&レンズの個人的レビューなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FX用お手軽標準ズームレンズ「AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR」が想定外に良かった話

24-85レンズ単体

スペックを見ても結構頑張っている様子

今回はニコンのお手軽標準ズーム、AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VRの話です。

ナノクリ大三元の一角「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED」よりも、わずかに望遠が効くこのレンズは、フルサイズ用ズームレンズとしてはかなり小型軽量。
465gしかないのでナノクリ24-70(900g)の約半分。その差435g。

24-85+D700左

実際にカメラに装着してみると、重心が大幅に手元に近づくのでかなり軽快な印象です。f/1.8クラスの単焦点レンズ…よりは多少重いのですが、手に取った感覚はそれに近いものがあります。

やっぱりマウントの先に1kg近い筒(レンズ)が付いたカメラは、ちょっと持ち上げるのも気軽には行かないのですが、この重量だと大分ラクです。直接持つのではなく、マウントの先にくっついたレンズで435gの差というのは、思っていたより大きく感じるのですね。

また、レンズが軽いおかげで、ストラップで首からぶら下げても、カメラはあまり下を向きません。
ちなみに上の写真はレンズフードを付属の「HB-63」ではなく、「HB-25」を装着しています。(詳しくは後述)

24-85レンズ名アップ

開放F値も3.5-4.5ということで、いわゆる「F4通し」レンズ的な感覚で使えます。
しかも4段分のVR(手ブレ補正)機構付き。最短撮影距離もナノクリ24-70(AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED)と同じ0.38m。つまりかなり寄れる。広角側24mm〜望遠側85mmという実用的なズームレンジをしっかり確保して、465gの軽さ。
超音波モーター「SWM」によるAF、非球面レンズ(3枚)やEDレンズ(1枚)使用、マニュアル優先AF対応など、スペックを見ても結構頑張っている様子。

 
24-85+D700上

DX用ズームレンズのようなサイズ感

見た目は便利ズームのAF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(下の写真右側・以下「28-300」)を短くしたような感じ。

24-85と28-300

でも28-300のようなズームロックレバーや、VRのモード選択(NORMAL/ACTIVE)レバーはありません。フィルター径も72mmと、最近のFX用ズームレンズとしては比較的小さめなので、見た目はなんだか、DX(APS-C)フォーマットカメラ用のレンズみたいです。実際、最近発売されたDX用ナノクリ標準レンズ「AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR」よりも少し小さく、軽いので。
 

24-85レンズ横倒し

鏡胴はプラスチック製で他のNIKKORレンズ同様の焼き付け風塗装がされていますが、塗装の質感は微妙にテカリがあって、ちょーっと安っぽい印象。
この辺は28-300とは意図的に差をつけてあるのかも?

ちなみに28-300は望遠側で鏡胴が盛大に伸びますが、こちらの24-85はあまり伸びません。

24-85と28-300望遠端

定番の画角が使え、しかもかなり寄れるという特長

望遠端から広角端まで約10.7倍の高倍率ズームが特徴の28-300に比べると、このレンズのズームレンジは約3.5倍と控えめ。

ネットでは「周辺が流れる」という評判もありますが、私の入手した個体ではあまりそのような印象はないですね。広角端でのタル型の歪みが目立つという意見もありますが、こちらも普通かなという印象です。確かに歪みはあるのですが、他のズームレンズと同程度かなという印象。ボケ味もズームレンズとしてはそんなに悪くない。

が、画像のシャープ感、ヌケ感はそれなりな印象です。広角開放端では28-300より上ですが、ズーム全域では少し負けているかも知れません。どちらかというと望遠側での描写の方が良好な印象です。

このレンズの美点としては、f/1.8単焦点レンズに近い軽量コンパクトさで、24mm/50mm/85mmという単焦点での定番の画角が使え、しかもかなり寄れるという特長が個人的には大きいです。軽量お手軽ズームとして割り切って使うには良いのではないでしょうか?

大きすぎる印象の付属フードは変更

ただ付属のレンズフード「HB-63」は個人的には違和感を感じてしまいます。
ちょっと大きすぎる気がするのです。
アヒルのくちばしのように上下に大きく突き出たフードは妙に存在感あり過ぎのような。。。

24-85+HB-63+D700

もちろん光学的性能を追求するならレンズフードは大きい方が良いのは分かるんですが、せっかくコンパクトなレンズなのに、フード付けると結構かさばるのは嫌だなあ…と。

で、ネットで調べると、DX用ズームの18-200用フード「HB-35」が使えるとか。ただ、Web上の写真で見た印象ではこれでも長い気がしたので更に調べると、ちょっと古いレンズ「AI AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF」用の「HB-25」でも行けそうなので、これを入手しました。

下の写真左側が追加で入手した「HB-25」、右がレンズ付属の「HB-63」です。レンズフード先端の長さ以外は見た目の形状もそっくり。

HB-25とHB-63

装着自体は問題なく、ロックも付属のレンズフード「HB-63」と同様にきちんとロックされます。同じ24-85mmの焦点距離用のレンズフードだけあり、ケラレもなく使えています。

それになんと言っても、装着したときの見た目のバランスが丁度良い感じです。単に個人的な好みの問題かも知れないのですが、このレンズにはこのサイズのレンズフードが丁度良い、と感じます。(※「AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR」への「HB-25」使用はメーカー推奨ではないので、マネされる方は自己責任でお願いします。)

24-85+D700右

しかしこれも少々問題があり、取り付け用の指標の位置が「AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR」には全く合っていません。またフード名称「HB-25」の表示がフードの中心線からずれた位置に記載されているのでフード名を上にして装着するとフードがズレて(傾いて)装着されているかのように見えてしまいます。
とりあえずフード名称は下に来るようにセットした方が見た目には宜しいかと思われます。

HB-25装着1

そして実は、ちょっとだけズレて装着されています。
個体差かもしれませんが、よく見ると少しズレているのが分かります(下の写真参照)。よ〜〜〜く見ないと分からないレベルですが。

HB-25装着2

ま、ケラレも確認できませんし(少なくとも私の個体では)とりあえずこれで良いかなと。

だってプロポーションがバッチリなんですもん。
 

スポンサード リンク

関連記事

スポンサード リンク

Twitterもやってます Twitter